加賀友禅・牛首紬・印傳
www.kagazome.com
takeuchi@kagazome.com
☎ 0767-26-0131




「竹うち」のホームページについて

このHPは、当店お客様に当店からのお知らせ、
新商品情報、呉服のニュース等を発信しています。

ご意見などございましたら
takeuchi@kagazome.com
までメールでお寄せください。


『趣味のきもの 竹うち』は、初代女将が加賀友禅を原点として創業した石川県の小さな呉服屋です。
女将は戦前、戦中を金沢で過ごしており、父の死後呉服屋を始めるきっかけを作って下さったのは加賀友禅の製造問屋さんでした。
当時は人間国宝木村雨山さんもご存命で、毎田仁郎、水野博、矢田博、初代由水十久、能川光陽、梶山伸、成竹登茂夫氏など
多彩な作家さんが第一線で活躍中の時期でした。
その頃には加賀友禅の名も全国に知れ渡り、母も心丈夫に感じたそうです。

取り扱い商品
加賀友禅、牛首紬、礼装・お出かけ着物・帯・和装小物・印傳製品
当店では着心地、質感や風合い、手仕事の微妙なニュアンスを大切にしており、
実際にお手にとってそれらを実感していただきたく、実店舗での対面販売を基本にしています。
ぜひ一度ご来店下さいますよう心よりお待ち申し上げます。

営業時間
原則 朝9時~17時
✽お急ぎの場合、時間外でもお電話頂ければ対応させて頂きます。

現代の装い
2005年から始まった、クールビズもすっかり定着した現在、
明治時代につくられた「役人や、軍人、警察官の制服の衣替えに倣ったもの」や、
「着付け教室の着付け普及のために作られたマニュアル」に縛られるより、
今の気候にあった、現代の装いを考えましょう。

真綿帯芯のお薦め

帯地に袋帯、名古屋帯、染帯など、種類があるように、
帯芯にもそれぞれの帯地に適した厚さや、硬さ起毛の量があります。

「真綿引き」
昔ながらの本来の帯の仕立てでは、木綿の上に真綿を薄くのばして重ねて
帯地との馴染みを良くしていました。
「現在では起毛の技術が発達した結果、真綿を引いたのと同じ効果を得られる
三河帯芯と真綿を一体化したものが作られました。」
従来の真綿引きの場合、真綿の片寄りの心配がありましたが、それをなくし、表布に密着し、
仕立て上がり、締め心地がとてもよくなります。

当店でも去年位から、「よろけ織」や塩瀬の名古屋帯など帯地が薄いものに
真綿帯芯をお使いいただくお客様が増えています。
真綿帯芯には袋帯用と名古屋帯用があるのですが、現在のところ名古屋帯にお使い頂くお客様が多いです。
多分名古屋帯にお使い頂いたほうが軽さや、起毛による帯地との馴染みをご実感頂きやすいのかなと思っています。

きものキーパーの使用期限が来ていませんか?

ご好評頂いている着物保管袋『きものキーパー』の保管期限は5年間です。
お買い上げ頂いた『きものキーパー』の保管期限は大丈夫でしょうか。

当店では今回、平成25年 ・26年 にお買い上げ頂いたお客様にメール、葉書でお知らせしておりますので宜しくご確認下さい。

カビにお気を付け下さい。

正絹絹着物(呉服)の場合、現在一番多いトラブルは虫の害ではなく、カビの被害です。
また「パールトーンしてあるのに・・・」と仰るお客様もいらっしゃいます。

パールトーン加工確かに便利なシステムですが、
あらゆる着物のトラブルから 着物を守る万能な加工ではありません。

パールトーンは「撥水(水を弾く)加工」であって、
保管状態によってはカビも生えますし, 変色、脱色もします。着物が縮むこともあります。
加工をしてないものと同様にメンテナンス、防虫、防カビ対策をして下さい。