趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳

私の愛用品

私は仕事上。失敗もたくさんしながらいろいろな商品を試してきました。
そんななかで、今では「私の愛用品」になっている商品をご紹介します。
これからもいろんな商品を試しつつ、「愛用品」の良さも再確認していきたいと思っています。

畳、床の汚れにご注意
畳、絨毯、床はきれいに見えても汚れているものです。
大切な着物、帯は直接それらの上に置かず、衣裳敷きを敷いて、その上で作業をしたり、着付けをするようにしています。

長めの着物用ハンガーです。帯も掛けられます。
3段スライド式で全部伸ばすと141cmありますので、袖の部分もしっかり広げてかけられます。
全体に丸みがありますので、着物を「引っ掛ける」心配がありません。
長さは約58cmから最大約141cm、耐加重は6kgです。

絹の下着

絹の下着は、蒸れも少なく、自然に衣服内環境を整えてくれますので、多少の寒暖差にも耐えますし、薄く軽い着心地で、着ていてラクなので大抵この下着を着ていました。
また薄い割に丈夫なので、着用後はネットに入れて洗濯機で洗って(複数枚を着回していますが、最も古いものは五年経過中)着心地・お手入れなど、総じてとにかくラクです。

一年を通して一番よく着ていた「正絹ユニペッチ」でしたが、現在は製造されていません。
私は少し取り置きしてあるので、当分は大丈夫(^_^;)
良い商品だったから、いずれどこかのメーカーが作ってくれると思います。
その時にはユニペッチと同じスリップ式の掛け合わせのないスタイルで
もう少し地厚だと良いなと思います。できれば国産で。

麻の下着

暑さに弱い私は、夏には着物、長襦袢、帯、着付け小物も軽く、通気性の良いモノを選んでいます。
敏感肌らしいので、麻製品は敬遠していたのですが、母が洗いざらした麻襦袢で肌襦袢とステテコを作ってくれたのを期に麻も洗い晒せば心配ないと分かったので、「本麻ジョーゼット」を愛用し始め、近頃は、「本麻ジョーゼットの肌襦袢」と、「本麻ジョーゼットのステテコ」を「パンツ型裾よけ」として愛用しています。
お茶を習っているので正座で太股や膝裏の汗が気になり、夏にはステテコは手離せません。

他メーカーの厚手の半衿には、生地がしっかりし過ぎていて縫いにくい(針が通り難い)ものがありますが、こちらは厚みがあり、且つ縫いやすい半衿です。
ウォッシャブルな正絹で、『いかにも合繊ぽく、白光りするのはイヤ!』という要望に応えた商品です。
細かいことですが、暑いときには正絹半衿のほうが合繊半衿より衿元に熱が籠もらないような気がしています。

正絹博多織  紗献上伊達締


ある期間「幻の」とまで言われたほど稀少な伊達締めでした。
まず蒸れない!着崩れない!(人に見せる機会は無いけど)きれいでおしゃれ!
通気性抜群で単衣・夏以外にも愛用しています。少しでも涼しく着物を着たいという方には絶対にオススメです。

一巾正絹地腰紐


着物用には絹縮(キンチ・関東では楊柳)の一巾織のものを使っています。
特徴は、軽く、かさばらず、良く締まって満足しています。通気性が良く、着崩れしにくく、締めたとき体に食い込んで痛いということもありません。
素材: 絹100%
巾:約 16cm長さ:約 220cm日本製

巾広絹腰紐 (非売品)


長襦袢、着物には絹の腰紐を仮紐としても使っています。
通常の絹地腰紐ではなく、モスの腰紐の形状で材質が絹に替わったという感じの腰紐です。
巾広なので食い込みにくく、襦袢の腰紐としては最適だと思っています。何かの端布を使用した腰紐で、色は水色しかありませんし、もう作っていないようですが使い勝手の良い腰紐です。巾は7.5cm程で長さは2m12cm程あります。

帯締


帯締は「青木健太郎商店」(京組紐)、「中内工房」(伊賀組紐)、「平田紐」(江戸組紐)などを使っています。
フォーマルには京組紐や伊賀組紐の高麗組などを締めています。
普通は平田紐の角朝組や、冠組を使っています。
しゃれ着の色のバリエーションには、機械組ですが国産の冠組に組みがきれいで値頃なものを見つけました。
薄い地色のものを夏にも使っています。

帯揚


帯揚はいろんなものを使っていますが、見ているだけでも綺麗だなと思い、よく使うのが、節が少なく繊度ムラのない「新小石丸」で織られた帯揚です。
しなやかさと張りがあって奇麗に形が整います。


帯揚を何にしようか困った時に良く使うのが(輪だしに限らず)白地の帯揚です。
大抵の場合、スッキリ、品良くまとめてくれるので大助かりしています。汚れやすいのが欠点と言えば欠点でしょうか。
なるべく大切に扱って、それでも汚れてしまったら消耗品として割り切る事も必要です。

私は大抵は白足袋を履いています。

お茶で正座をするので、あまり窮屈なものは足首や爪先が痛くなるのですが、「きれいな足袋姿でいようと思えばピタリと合ったサイズのものを履きたい。」
そこで、のびる足袋と考えたのですが、あまりにも合繊ぽいものは生地が綿ほどきれいではありません。

いろいろ試した結果、
普通年中ガクヤのエスパのびる足袋24cm細型を履いています。
夏の礼装やお茶会には福助の涼しい夏足袋23.5cmを履いています。
✽福助「涼しい夏足袋」は、「表は最高級の別織キャラコ。裏は本麻100%。底は吸収性にすぐれた綿パイルを当て布した、いたれりつくせりの涼品」が謳い文句の夏足袋です。

超撥水足袋カバー 


雨の日には『雫』という足袋カバーを履きます。
『雫』は一般的なちり除け用の足袋カバーではなく、撥水の表生地と浸透防止シートの完全防水構造で雨が足袋まで染み込まず、とても助かっています。

雨が降るかもしれないけど、まだ降ってもいないのに時雨履きを履いていくのはちょっと、という場合は、もしものときの保険としてこれを履いていきます。

八千代の足袋感想

『エスパ綿のびる足袋』
使っている足袋の中で一番フィット感に優れている。
生地が若干厚めで甲部分が皺になりにくく、お手入れもラク。
生地の色は他社製品に比べて若干青みがかっている。
足の形にあわせて種類が選べるのも嬉しい。

『福助夏足袋』
底の綿パイルが特徴。
履き心地は起毛タオルの上に足をのせているような感じでふわっとしており、夏場でもサラサラしている。
夏足袋の代表といえる麻の単衣足袋は皺になりやすいが福助の夏足袋は表に綿・裏に麻を使用することで涼しさと美しさを実現している。
ただし洗うと皺が残るのでアイロンがけは必須。

真綿入 本革草履


頻繁に履く機会があるわけではありませんが、お茶関係で、呈茶のお手伝いなど長時間の立ち仕事をする時に履いています。

本革草履 二の三枚芯


以前訪問着には振袖用に使っていた三枚芯の草履を履いていましたが、現在は前二段、踵部三段の(二の三)小判形を履いています。
*二の三の草履は、つま先と踵との高低差が一枚芯よりあるので、ヒールのある靴を履いた時のように立ち姿が良くなるように思います。

またマットな薄ピンクのもの等は、小紋などのカジュアルにも履いています。
脱いである時には、細い舟形の草履台がきれいだなと思うのですが、履いている時は小判形がやはり履きやすくラクです。

本天鼻緒


草履を履いていて足が痛くなる原因に、鼻緒の裏の甲に当たる部分と前坪があります。
革や合皮の鼻緒に比べ本、天鼻緒は当たりが柔らかく痛くなりにくいので専ら本天の鼻緒を愛用しています。
✽本天:天は「天鵞絨」(てんがじゅう)。ビロードのこと。

現在はよく赤い本天前坪の草履を履いていますが、共色ではない別色の前坪は足下が引き締まる感じがして好きです。

メーカーの職人さんに伺ったお手入れ
・お履きになった後は、陰干しをして裏底を十分に乾かして下さい。
・軽くほこりや汚れを落とした後、少量のクリームを塗って、乾いた柔らかい布で磨いて下さい。
・革草履は水気を大変嫌います。 水に濡らさないようにして下さい。
(水濡れは接着面の剥がれの原因となります。)
・長期間、お履きにならなかった草履は、たまに風通しの良いところで陰干しして下さい。
 カビが生えると、一度きれいに拭き取っても跡が残る場合があります。
・箱に入れてしまわれる時は、お手入れした後、陰干しをしてから湿気の少ないところにおしまいください。
(ナフタリン等の防虫剤といっしょに保管しないで下さい。)

バッグ


お茶での利休バッグや礼装用のクラッチバッグ以外は和装、洋装兼用のものを使っています。

お稽古の行き帰りやちょっとしたお出かけで荷物が少ない時には牛革やオーストリッチの手提げを使います。

着物保存剤「そうび」
着物や帯を長期間収納しておく場合は、防カビ、防虫が肝心です。
絹製品の場合は虫喰いの被害よりカビの被害のほうが多いので防カビ、調湿効果が重要です。
(絹製品に虫が付かないという意味ではありません。)
ウール製品は虫喰い被害が顕著ですので、絹製品と一緒にしまわないようにしています。


着物キーパー
祖母に譲られた当分締める機会のない帯や、喪服など着る機会の少ない礼装物は着物・帯・長襦袢や小物まで一式を「きものキーパー」に入れて保管しています。
「パールトーンのアフターケア」や「汗抜き丸洗い」から返ってきた綺麗な状態で入れておきます。
三層構造の特殊なフィルム製で、ガスバリア製・防菌・防湿・防虫・防臭機能が五年間続きます。

雨傘・日傘


「弁当忘れても傘忘れるな」と言われる石川県民としては、愛用品と言うより必需品が傘です。
私の使っている雨傘(右)は生地はポリエステルを使ったものですが、24本骨の和傘のようなシルエットで、洋傘のようには丸みを帯びていません。
左の丸みのあるのより大ぶりでちょっと重いですが、差すと左のと違って着物姿には似合う傘だと思っています。

割烹着・エプロン


日常に着物を着ていると、時には着替える暇もなく家事、炊事などの水仕事をしなければならないこともあります。
そんな時には綿ポリの普通の割烹着をよく着ています。
また他家へお邪魔する時、お手伝いが必要と思われる時にも持参します。