趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳

お茶の着物

「着物の着こなしや所作は頭で考えても身につくもんじゃないよ。」と言う
母からのアドバイスに従って私はお稽古も着物で通っています。

着こなしや所作が身についたかは判りませんが、
着付けに掛かる時間も短くなり、着物に関する色々の事が億劫でなくなったのは事実です。

お稽古でも「お茶ならやわらかもの」と思っていましたが、
大島紬や御召の着やすさに慣れてお稽古着の柔らかものは少ないです。
また江戸紋の行儀、通し、万筋のようなマニッシュな雰囲気の着物にも憧れていますが、
フェミニンな色柄の友禅小紋が多くなっています。

振袖・訪問着

私の経験では、お茶関係で振袖や訪問着を着たのは初釜等特別のお茶会で数回着ただけで
あまり着る機会がありませんでした。

付下げ

私の場合、お茶関係で一番よく着る着物は附下げです。
お茶会の趣旨によって、服装は前もって教えていただけるので
附下げ訪問着にしたり、紋を入れたものにしたり、袋帯で改まった雰囲気にしたりしています。
気軽なお茶会やお稽古には、附下げには紋は入れず、名古屋帯を締めています。
仕立て上がった後でも紋は入れられるので・・・


京友禅附下げ(単衣)
+佐竹機業店袋帯

ちょっと変わった附下げをと言うことで、地色を中心に選びました。

京友禅附下げ(袷)+佐竹機業店袋帯

附下げや小紋に袋帯を締める時は「佐竹機業店」のこの袋帯をよく締めています。

京友禅附下げ(袷)
+西陣九寸名古屋帯

何処の機屋さんの帯か忘れてしまいましたが、使いやすい柄で小紋にも附下げにも重宝しています。

オリジナル京友禅附下げ(単衣)
+まこと織九寸名古屋

楊柳地の附下げです。
父は簡単な一方付けの飛び柄小紋的なのが狙いだったらしのですが、問屋さんの大サービスにより思いより柄が多くなってしまったそうです。(笑

小 紋

お稽古でも「お茶ならやわらかもの」と思っていましたが、
大島紬や御召の着やすさに慣れてお稽古着の柔らかものは少ないです。
また裃小紋のようなマニッシュな雰囲気にもあこがれますが、フェミニンな友禅小紋が多くなっています。

京友禅手挿し飛び柄小紋(袷)
+西陣九寸

中学生の頃にお茶のために作った小紋です。
そろそろ柄が幼いかと思うんですが、オクラ入りにする決心がなかなつきません。

京友禅手挿し飛び柄小紋(袷)
+西陣九寸

中学生の頃の飛び柄小紋が気に入ったのでその後これも作りました。
お気に入りの飛び柄小紋ですが、仕立ての時の柄合わせが大変だそうです。

シルクスクリーン型染小紋
+西陣九寸

今となってはどの機屋さんのものか判りませんが、よく締める帯です。

西陣御召

私の御召は格子のようなシンプルなものが多いので帯で遊べるのが楽しいー。

西陣御召(単)
+洛風林・八寸名古屋

サラサラとした生地風合いで風通しが良くシワにならず、軽い着心地。
仕立てる前には、単衣に仕立てると膝やお尻の生地が伸びるのでは?と心配しましたが、軽くシワにならず今では単衣の中で一番のお気に入りです。

薄御召(夏御召)
+すくい夏八寸

西陣御召(袷)
+伊予紬八寸名古屋

西陣御召(袷)
+沢飯芳雄作加賀友禅染帯


私が一番着やすいと思うのは泥の大島で、雨にも強いのですが、
単衣だとひらつく気がするので単衣は牛首にしています。

奄美泥大島紬(袷)

私が一番気に入っていて、知り合いの方からも褒めていただける泥大島紬です。
上記の藍泥大島くらい柔らかくならないかなぁとヘビロテで着ています。

奄美泥大島紬(袷)

白山工房
市川純一郎作牛首紬(単衣)
牛首は大抵単衣に仕立てていますが着るのは5月から6月上旬までと9月下旬から10月いっぱいが多いです。

加藤機業場
シケ引き牛首紬(単衣)
+帯屋捨松八寸名古屋

その他

無地石下結城紬(袷)
+素描染帯
本場結城ではなく、なんちゃってですが、父の言っていたとおり軽くシワにもなりにくく着心地は抜群です。

シケ引き西陣絽紬
+すくい夏八寸

母から譲られた絽紬です。
絽とは言うものの絽紬は涼しくないので、盛夏を除いた夏に着ています

「朝茶」の経験がない私は、母から聞いてお稽古の時にたまに絹紅梅を着て、疑似体験したつもりで遊んでみたりしています。

絹紅梅+紗紬八寸

とにかく軽い。ご覧になられた方から「すごく涼しそうね」と言っていただけるので、着ているこちらもより涼しく感じます。
洗濯はシーズンオフに汗抜き丸洗いに出しています。

長襦袢

お茶では白や薄い地色の襦袢が好まれるようです。
白地や薄地の地色に、遠山や霞、四君子模様の襦袢は小紋から訪問着にまでお召しになれて重宝します。

✽着物好きが手放せない「伊と幸の正絹単衣襦袢」もあります。