趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳

シックな和装
「chic」は、「熟練・技術」の意味で、「熟練した=洗練された」と訳されます。

当店では、「お出かけ着」と「礼装」を中心に、
洗練された上質なものをさりげなく着こなす「シンプル&シックな大人の和装」をめざしています。
この章では当店家族や、多くのお得意様が実践なさっている『合理的で簡単』な着物との付き合い方をご紹介してまいります。

和装 基本の

○着物や長襦袢、帯の畳み方を覚えましょう。
○なるべく自分で着ましょう。
○半衿付けを覚えましょう。
○家紋、着物の寸法を覚えておきましょう。
✽着物の寸法を覚えておくなら尺貫法で覚えておく事をおすすめします。
尺貫法は日本人の暮らしや体格から生み出された尺度で、和裁は今でも尺貫法を使います。
メートル法は細かすぎて、着物を縫うには不便な単位です。着物は洋服ほど細かい単位は必要ないということでしょう。

以上は和装の基本で、現在ではネット等でいつでも繰り返し観て覚えられます。

メンテナンス・保管

「着用後の陰干し」(汗抜き・湿気取り)
脱いだ着物はすぐ箪笥に仕舞いこまず、和装ハンガーにかけ、日光が直接入らず、風が通る所で陰干しします。
汗をたくさんかいた場合には、半日程度陰干しして汗を充分飛ばしてから、畳みます。
機密性の高い部屋や湿気の多い日の陰干しにはエアコンや除湿機の使用が効果的です。
しまう前にはホコリを掃い、同時に汚れもチェックしましょう。汚れは、出来るだけ早く落とす事が大切です。
また清潔感という意味合いからも、下着、足袋 、襦袢の半衿はなるべく早く洗っておきましょう。

✽半衿は合繊やウォッシャブルシルクが便利です。替えにワンシーズン2,3枚用意しておきます。

簡易虫干し

現代の家屋や収納家具は気密性が高く湿気がこもりやすくなっています。

特別に『虫干し』 等と構えなくても、年に数回2、3日晴れが続いた日の、午前10時頃から午後2時頃までに
箪笥の前に扇風機を置いて引き出しを開き、扇風機の風を満遍なく送ります。
特に湿気を取りたい着物や帯は、何枚かずつ着物ハンガーにかけて
「着用後の陰干し」の要領で湿気を飛ばします。
要するに着物や帯には仕舞いっぱなしがいけないのです。
箪笥内の換気には引き出しや扉を開けて、乾いた新鮮な空気を通すだけでも違うので是非お試し下さい。

らくらく着物保管
・シーズン中箪笥に収納する着物は、箪笥や引き出しの中に湿気を溜め込まないよう換気に注意して、
防虫・防カビ・調湿・防カビ臭の効果のある着物保存剤そうび】を一緒に入れ、カビや害虫を防止しましょう。
✽「そうび」は引き出し(約50L)に1枚が、ご使用の目安です。シートのまま、引き出しの衣類の上に置いてください。

またこの機会に着物を点検し、しみやカビを見つけたらしみ抜き、カビ取りに出します。
たくさん汗をかいた着物、襦袢は「汗抜き」に出します
カビが生えたり、湿った文庫紙(畳紙)は取り替えて下さい。
保存剤も必要に応じて入れ換えましょう

・しばらく着る予定のない着物はクリーニングや(パールトーンの)アフターでキレイにしてから「きものキーパー」で保管(有効期限5年間)します。

気付きにくいカビの箇所
長襦袢の衿芯(上に半衿が掛かっているので)
袋帯、名古屋帯の帯芯(帯の中なので)

虫の被害にあいやすいウールと絹物は一緒にしまわない。
複数の種類の防虫剤を一緒に使うと、衣類にシミができたり、有害物質を発生します。

超便利!パールトーンアフターケアシステム
アフターケアシステムは「衿、袖口、裾の汚れ、食べこぼし、雨の日の泥はね」など、軽い汚れであれば原則無料でお手入れをしてもらえる画期的なサービスです。
具体的な作業内容は、汚れている箇所の部分洗いや胴回りの汗抜きです。

パールトーンがしてあれば
パールトーン加工がしてある着物は、アフターケア意外にも胴回りや後身頃などを重点に、専門の職人が1点1点プレス加工を行う簡易プレスが一点一律税抜1.500円でご利用頂けます。通常の着用ジワ程度であれば、ほぼ問題なくきれいに仕上げることが可能です。
✽きついシワ、全体的なシワ、変わり結びを行った帯などには、本格プレスをお薦めします。

Kimono Trend
洋服のようなめまぐるしさはありませんが、呉服もファッションなので、トレンドの変化はあります。
なかでも柄の模様の大きさ、色使い、色の組み合わせでの変化は顕著でトレンドがわかりやすいです。

染めでは、柄があまり重くなくスッキリした柄付けの飽きの来ない着物が好まれます。
織りでは無地系の紬がトレンドとなっている昨今、
柄が混んでいるものや絣の精緻さや希少価値だけで選ぶのも時代に合わないような気がします。

コーディネート
頭の中で、この着物にはあの帯、小物は・・・と考えても、実際に出して置いてみると、
ちょっと違うということはよくあります。
意外な色が合ったり、想像外の組み合わせがなじんだりと、着物は奥深いです。
コーディネートは頭だけで考えず、実際に合わせてみるのが一番です。

季節感
季節感は色、柄のほか生地風合いでも表現されます。
着物を着こなすうえで、季節感を意識することは大切です。
お茶等の伝統的な習い事や礼装では、「10月から5月は袷。6月は春単衣、7・8月は薄物、
9月は秋単衣」のような衣更えの原則が守られています。

挿し色
以前に誂えた着物と帯のコーディネートが古く感じられる時。
どちらかを変えてみれば良いのですが、そうもいかない時には「挿し色」を変えてみましょう。
半衿、帯締、帯揚、草履、バッグ、八掛などを変えてみます。