趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳

染めのお出かけ着物

少し気のはったお出かけにもお召しいただける大人の着物をご用意
シンプルですっきりした、洋装の中でも溶け込む着こなしのできるスタイル、
観劇、高級な飲食店、気軽なお茶席にも間に合うお出かけ着を心掛けています。

石川・富山のお出かけ着
石川・富山は雪や雨の多い土地柄で、公共の交通機関も完備されていない地域も多く、
そのような日々のお出かけにはそれなりの用意が必要です。

✽北陸の冬は、関東のように晴れていて風が冷たいというわけではなく、湿った雪が付きもので着る物、履物ともに濡れる覚悟が必要です。


当店女将見習いは雨や雪の日には基本的に車で移動し、徒歩が必要な時はパールトーン加工、傘、
雨コート、超撥水足袋カバー『雫』などで雨・雪対策をしています。

小紋
小紋は本来全体に文様が繰り返されている型染めの着物ですが、
当店では品が良く、華やかな加賀友禅の飛び柄小紋をお薦めしています。

一方付け小紋

生地全体に柄があり、その柄は肩山、袖山を跨いでも模様の上下が逆さにならない着尺。
付下げの原点。現在は問屋さんでもあまり見かけません。


飛び柄小紋(京友禅・加賀友禅)

無地の部分が多く、「柄の嵩」がなく、「無地に近い小紋」。
フォーマルではないが、フォーマルに準じて着られる着物として
茶道を嗜む方から重宝がられていて「茶席小紋」などと呼ばれています。

加賀友禅 一方付け飛び柄小紋


当店でアイデアを出して、礼装目的の付下げより自由度が高く、「仕立てた時に柄が全て上向きになるようにした華やかな着尺」という付下げの原点に近い、一方付け飛び柄小紋を作っていただいています。

江戸小紋

紋を入れなければ、飛び柄小紋と同様に「フォーマルではないが、フォーマルに準じた着物」としてお召しになれます。

加賀伝統小紋

武士の裃の柄が起源とされ、江戸小紋同様伊勢型紙を用いて染められています。
江戸小紋のシャープな「粋」に較べ、雅な優しさと、品格があります。
江戸小紋の「裃小紋」のようには堅苦しくなく、「いわれ小紋」ほどにはくだけすぎない柄と、
優しい色味で好まれている型小紋です。