加賀友禅・牛首紬・印傳
kagazome.com
☎ 0767-26-0131

今時のフォーマル


礼装の着物を着る時にはその場に応じた装いが求められます。
それは和装でも洋装でも同じことで、マナーの問題ですので自分の都合ではなく周りにあわせることが礼儀です。

ライフスタイルがカジュアル化している洋装中心の現代では
和の礼装に関しても、かつての決まり事が当てはまりにくくなっています。
結婚式や披露宴、入卒等でも従来のような重い装いでは浮いてしまうような場合も増えてきました。
しかし、冠婚葬祭の決まり事はいまだに地方差があり、土地のルールが優先されているのも現状です。

☚石川・富山の礼装へ

汎用性の高い礼装(準礼装・略礼装)

訪問着


訪問着は大正時代に百貨店が提案し、戦後礼装着物のスタンダードになりました。
留袖や振袖の次に格の高い準礼装の着物として、
結婚式、表彰式、パーティ、お茶会、お見合いなど幅広く着用でき、便利な着物の一つです。

訪問着は、絵羽といって縫い目で模様が切れないような模様付けがされていて、
そのため反物のように巻物でなく、仮絵羽(かりえば)の状態で呉服屋さんなどに並んでいます。
留袖に次ぐ礼装の着物として、以前は三ツ紋や一ツ紋をいれていましたが、
最近では柄が豪華なものが多くなり、背縫いや外袖の紋を入れる場所に柄が掛かっていることも多く、
無理に紋を入れると煩雑な印象になり、柄のバランスも悪くなるので入れないことが多くなりました。

付下げ

最近では訪問着、付下げともに紋は省略されることが多いのですが、
茶席の着物では付下げに一ツ紋を付けて準礼装に格上げする場合もあります。

最近の「付下げ訪問着」の中には、同色系の八掛で仕立てあげると訪問着と区別のつきにくいものもあり、
値段は訪問着より安価で人気があります。
着用シーンも訪問着と変わりませんが格式あるお席には、訪問着をおすすめします。

色無地


黒以外の無地の着物で、一ツ紋を入れて略礼装として着ることが多い着物です。
一ツ紋を入れておくことによってちょっとしたご挨拶などにも着ていくことができとても重宝します。
特殊な用途として三ツ紋もありますが、通常一ツ紋を入れることが多いです。
準礼装として用いる場合には、無地や細かな地紋で格のあるものに三ツ紋を入れます。
また地色によっては半喪服の着物としても使えます。

お召しになる機会が限定される礼装(本格礼装)

振袖

本振袖

本振袖は未婚者の慶事正礼装で、袖の長さもくるぶしまである格調高い、絵羽模様の着物です。
婚式や披露宴での花嫁の衣装として、正式な儀式で着用されていました。
染め日向五ツ紋で下襲をつけたものが正式とされていました。
最近では仕立て面でも下襲でなく、比翼仕立てが多く、それらの目的で本振袖を誂える方は少なくなっています。

現在の一般的振袖

現在一般に流通している振袖は、昔「中振袖」と呼ばれていた振袖の袖丈が「本振袖」の長さになった、
仕立て方も着方も中振袖仕様の振袖です。
準礼装の振袖は、本振袖のように下襲や比翼をつけた仕立てをしません。
柄付けも総模様に近いものが増え、紋の有無は重要視されないようで、省略することが多くなりました。
紋を入れる場合には、染め抜き紋だけでなく、振袖の雰囲気に合った縫い紋や加賀紋なども用いられます。

黒留袖

黒留袖は既婚者の慶事正礼装です。
結婚式では主に新郎新婦の母・仲人・親族が着用します。
染め抜き日向五ツ紋をつけ、下襲もしくは比翼をすることがきまりになっています。

✽下襲(したがさね)とは、着物と同じ形の着物を下にもう一枚着用することをいいますが、最近では省略され、衿、袖口、振り、裾に別布をつけ2枚重ねて着ているように見せる比翼仕立てをします。

色留袖

地色が黒以外の留袖で、既婚、未婚を問わず着ることが出来ます。
親族の披露宴や叙勲の授賞式など、既婚者の礼装としてふさわしい装いになります。
染め抜き日向五ツ紋で下襲もしくは比翼を付ければ、黒留袖と同格の正礼装になります。
比翼仕立てをしない色留袖の場合は、準礼装となりますので五ツ紋はつけません。

三ツ紋もしくは一ツ紋を付けた色留袖は準礼装の着物として着用できます。
当店では染め抜き三ツ紋の訪問着仕立てで、白の伊達衿を入れての着用をお薦めしています。

喪服

喪服は喪に服す人の衣装です。
✽昭和4、50年代位迄は遺族、親族だけでなく一般弔問客の和装の喪服姿も多くありました。

喪服は黒無地で、以前は関東では羽二重、関西では縮緬が好まれ、染め日向五ツ紋を入れて着用します。
今日では関東、関西の区別なく縮緬がほとんどです。
本来は白の下襲をつけていましたが、最近ではほとんどつけなくなっています。
小物は、長襦袢と半衿以外はすべて黒とします。

✽喪服選びのポイントは、生地の良し悪しと色です。
生地はシボの高い品のほうが黒く見えますが、スレがおこりやすい商品もあります。
✽色は黒いことに超したことはないのですが、黒く見せるために加工を必要以上にほどこしたものもあります。そのような品には将来的なトラブルを心配する声もあります。