帯の力

当店では「帯は着物の付属品ではなく、着物と同等のアイテム」だと考えています。
ワンピースである着物が、ツーピース的美しさを備えているのも、着物姿の背面が前面と同じ力の表現を持ち得るのも帯の力です。
また帯にはそれぞれがあり、帯によって装いの格まで上下します。
その格は帯の長さではなく文様の格で決まります


帯の形状
丸帯・袋帯(本袋帯・縫い袋帯)・京袋帯・名古屋帯(九寸名古屋・八寸名古屋)・半巾帯(単半巾・小袋)などがあります。

帯の柄付け
全通柄・六通柄・三通柄・太鼓柄があります。
三通柄はお太鼓柄の分類に入りますが、 「お太鼓からたれにかけて」の連続柄と「腹部分」のみに柄が付いています。

当店ではお客様に、着物をご自分で着られることをお薦めしています。
そこで、振袖、留袖、訪問着以外にはなるべく名古屋帯をお薦めします。

袋 帯


袋帯は丸帯を簡略化したもので、裏を無地にすることで、より軽く織られた帯です。
おもに礼装用に用いられ、長さは1丈1尺以上で、二重太鼓結びにする長さがあります。
本来は袋状に織られているもの(本袋帯)を言いましたが、
現在では、表地と裏地の2枚織ったものを縫い合わたものや、
表と裏の部分を合わせて一尺六寸幅に織り上げ、
幅を半分に折って、耳を縫い合わせたものが多くなっています。

名古屋帯


名古屋帯は大正末期に名古屋で軽く締めやすい帯として考案されました。
お太鼓の部分のみ八寸二分幅で、前帯が半幅に縫いつけて仕立てられ
一重太鼓を結ぶことのできる長さの帯です。
当初は染帯でしたが織りの帯も作られるようになりました。
格調の高い柄の織りの帯は付け下げ、色無地などにも使うことができます。
自身で着る場合も簡単で、締めていても楽です。

✽ここで混乱を生じたのが、喪服帯についてです。
現在は殆どの方が名古屋帯を締められるので、「喪の帯は一重太鼓。不幸が重なるという意味から二重太鼓の袋帯は締めない。」と言われる方がいらっしゃいますが、元々は袋帯を締めるのが正式でした。
それが喪の名古屋帯が考案されてその手軽さから名古屋帯を締める方が多くなっただけの話です。