加賀友禅・牛首紬・印傳
www.kagazome.com
takeuchi@kagazome.com
☎ 0767-26-0131

単 衣

単衣の着物とは、裏地のついていない着物。裏地がないので、軽くて動きやすく、初夏や初秋にふさわしい着物です。
決まりごとでは、6月と9月に着用とされていますが、温暖化のため単衣を長い期間(二ヶ月以上~四ヶ月未満)着用する人が増えてきました。

従来の季節の衣替え

単衣(ひとえ)…6月と9月

現代の衣替え

単衣(ひとえ)…5月、6月、9月、10月中旬まで


温暖化の現在は「ふだんの場では、体感温度重視。 格式重視の場は、ルール重視。」

単衣の着こなし


①単衣の着物に、夏帯を締めたら、長襦袢、帯揚げ、帯締め、半衿も夏用を使います。

②単衣の着物に、袷用の帯を締めたら、長襦袢、帯揚げ、帯締め、半衿も袷用を使います。(秋単衣)

楊柳の単衣襦袢は春単衣・秋単衣のどちらにも使えます。(春単衣)
夏帯といっても羅や麻の帯は、単衣の着物との(ボリューム感のバランス)に注意が必要です。

単衣

楊柳(楊柳縮緬)


細かい経シボの入った織物です。 肌に触れる面積が少なくなるので べとつかず主に春や秋の単衣用の生地として使われます。
楊柳の製法には・強撚糸を使って縦しぼを出すもの・縦筋線状の凹凸を彫刻したロール2本の間を強圧してシボを出すものがあります。強撚糸使いのものはシボが安定していますが、ロール加工のものはシボが伸びやすいといわれています。

西陣「風通御召」


風通織という特殊な二重組織で織った御召のことです。つまり二重の経糸、緯糸を用いたもので表と裏の文様が反対の配色になります。上品な感じの中柄や小柄が多いです。
袷の着物にもできますが、表裏の面白さ、軽さ、肌触り、裾さばきの良さなどを楽しむためにも、単衣の着物、単衣のコートとして着ていただくことをお勧めします。

後染め牛首紬


例えば、市川純一郎プロデュースの後染めの作品は、一般の先染め牛首を湯通ししたものより柔らかく、独特の風合いを感じます。多分、染めの段階である程度の糊が落ちているのではないでしょうか。

結城縮(縮織結城紬)


結城縮は明治35年頃に、真綿の紡ぎ糸に撚りをかけ、緯糸として織ったのが始まりと言われています。
以降、人々は真綿の柔らかさとサラリとした感触の縮を重宝し、昭和30年代位までは、結城といえば「縮」を指し単衣にして一年中着用するようになりました。
その後昭和31年4月に平織の結城紬が重要無形文化財に指定され、縮は次第に生産を縮小され、ついには1%を切るほどになりました。
近年になって、縮の着心地の良さ、魅力が再発見され、現在では3%までに、生産が回復してきています。

楊柳長襦袢


襦袢にも単衣用の楊柳があります。
単衣用には胴と袖の部分とも裏地を付けずに仕立てます。
素 材: 楊柳
半 衿: 楊柳、絽(春単衣)、塩瀬(秋単衣)

八千代の着物

西陣御召(単)
+洛風林・八寸名古屋


サラサラとした生地風合いで風通しが良くシワにななりにくく、軽い着心地。
仕立てる前には、単衣に仕立てると膝やお尻の生地が伸びるのでは?と心配しましたが、心配するほどでもなく今では単衣の中で一番のお気に入りです。