趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳

メンテナンス


一度着た着物には、着用した時の汗が多く含まれています。
汗に含まれる皮脂や水分はカビ菌が最も好みます。
きちんと汗を飛ばさずに着物をしまうと、保管中にカビ菌が繁殖しやすくなります。

脱いだ着物を和装ハンガーにかけ、日光が直接入らず、風が通るところに干します。
2、3時間程度陰干しします。汗をたくさんかいた場合には、半日程度陰干して
汗を飛ばしてから、畳んでタンスにしまって下さい。
シーズンが終わった着物やめったに着ない着物は、汗抜き、クリーニングやシミ抜きをしてからしまって下さい。

カビ対策

着物の保管で一番のトラブルは虫害ではなく、カビの被害です。
絹の着物は「湿気や水分」に注意していれば、多くのトラブルを回避できます。

畳紙(文庫紙)で使用している糊もカビや虫を誘発する可能性があります。
畳紙が所々黄色に変色していたら、カビです。
そのまま放置して置くと、そのカビが着物に移ります。
新しい畳紙(文庫紙)に取り替えて下さい。

クリーニングしないでしまうと、衿や袖口に付いた汚れなどに虫が付くことがあります。
虫は好んでは絹物を食べませんが、綿や麻、ウールなどは虫の大好物です。
絹物と一緒に保管してあれば、虫は間違って絹物も食べてしまいます。

長い期間着る予定のない着物はクリーニングや、パールトーンのアフターケアに出してキレイにしてから
「きものキーパー(保管期間5年)に入れて保存して下さい。
箪笥で保管する場合には防カビ、防虫効果のある【顆粒 備長炭快適シート】や着物保存剤「そうび」を一緒に引き出しに入れて下さい。

脱いだあと、タンスに片付ける前に

日々着たあとは着物用ハンガーに掛けて体から出た湿気を除きます。
・柔らかいブラシや乾いたタオルでホコリを払います。
・衿や袖口、裾の汚れを中心にチェックします。
・ゆかた等の太物は、シーズンオフに「水洗い」をお薦めします。

保 管



着物の表面に生えるカビにばかりに気をとられがちですが、帯芯や長襦袢の衿芯にも多くのカビが生えます。
しっかり湿気を取り除いて保管して下さい。調湿剤の使用も効果的です。
タンスの廻り、ベッドの下なども掃除機できれいにしておきましょう。

○複数種の防虫剤を同時に使わない。
複数種の防虫剤を一緒に使うと、薬剤の化学反応によりガスが発生して着物や帯の変色、変質を招くことがあります。

○ウールと絹物を一緒に保管しない。
ウール、綿、麻などは虫の大好物です。虫がつきやすく、寄ってきた虫が絹にも虫喰いをおこすことがあるので絹の着物とは別々に保管しましょう。

○ゴムや粗製の紙は使わず、プラスチック、ポリやビニール袋などに保管しない。
小物などに使われているゴムやプラスチックが防虫剤と化学反応を起こし着物や帯に悪影響が出ることがあります。

ファンヒーターやストーブ等
ファンヒーターや石油ストーブなどの燃焼暖房のある部屋も衣類の保管にはよくありません。
着物に限らず洋服でもいえることですが、石油などを燃やした際に生じる亜硫酸ガスが衣類を変色させるのです。

○当分着ないものは 手入れをしてからしまう。
小さな汚れやカビでも時間が経つと広がったりします。 当分着ないものや、汚れやすいものは、シーズンの終わりに専門家に手入れに出してからしまうほうが安心です。

虫干し

現代の家屋や収納家具は気密性が高く湿気がこもりやすくなっています。
特別に『虫干し』 等と構えなくても、年に数回2、3日晴れが続いた日の、午前10時頃から午後2時頃までに箪笥の前に扇風機を置いて引き出しを開き、扇風機の風を満遍なく送ります。
特に乾燥させたい着物や帯は何枚かずつ 着物ハンガーにかけて着用後の陰干しの要領で湿気を飛ばせば良いでしょう。

またこの機会に着物を点検し、しみやカビを見つけたらしみ抜きに出します。
カビが生えたり、湿った文庫紙(畳紙)は取り替えて下さい。
防虫・防カビ・調湿・防カビ臭の効果がある保存剤(そうび等)を必要に応じて入れ換えます。

要するに仕舞いっぱなしがいけないのです。
時々箪笥の引き出しや扉を開けて、乾いた新鮮な空気を
通すだけでも違うので是非お試し下さい。

丸洗い

丸洗いは着物を解かずにデリケートな着物の生地に適した特殊な溶剤でドライ専用の洗濯機を使い全体の汚れを落とします。
油性の汚れに強く、着物全体についた手垢・皮脂・ファンデーション・排気ガス、埃・塵等の汚れに効果的ですが、
汗や雨などの水性の汚れは落とす事ができません。汗を落とすには水洗いが必要です。
着用のたびに「丸洗い」と仰るお客様もいらっしゃいますが、頻繁な洗いは生地を傷める可能性もあります。普通はシミ抜きで対処すれば良いと思います。


「丸洗いをしてからしまったのに、シミができている」
丸洗いをしても汗の汚れは落とすことができません。
汗を落とすには水洗いが必要になります。汗をかいた着物は必ず汗抜きや水洗いをしてください。
カビは丸洗いでは落ちません。丸洗いしても、カビの菌は残ってしまうためカビを叩きだすシミ抜き作業が必要です。

汗抜き

水溶性の汚れ(汗・雨・尿等)は、丸洗い(揮発性クリーニング)では落ちません。汗は水で落とします。
✽汗の成分のほとんどは水分ですが、塩分蛋白質、アンモニア、脂質などからなっています。水分が蒸発すると、汗の成分が繊維に残り、汗ジミになってしまいます。
絹は塩分にとても弱く、黄色く変色してしまう時間も早く、半年くらいで黄変してしまいます。
✽蛋白質は、時間が経つと黄ばむのが特徴です。黄変する前であれば水を使って楽に落とせるのですが、いったん黄変してしまうと漂白して色をかけるという、手間のかかる作業が必要になります。
✽普通着物に汗が付着する部分は限られています。衿、袖口、両脇、帯下、ひざの裏部分などが主です。
「汗抜き」は、汗を吸い込んでいる部分部分に汗を落とす洗剤と霧状の水をかけ、汗に含まれる「塩分」「蛋白質」「乳酸」などを叩き出すプロの技術です。
生地が縮まないよう加減をしながら、これを繰り返します。
✽パールトーン加工してあっても汗抜き作業をせずにそのままにしてあると汗成分が絹を変色させてしまいます。
汗抜き併用丸洗い
汗抜きの他に全体の丸洗いも行います。
汗などの水性の汚れも、衿や袖口の皮脂などの油性の汚れも両方落とします
しばらく着用の予定がないお着物にお勧めします。

パールトーンアフターケアシステム
日常のメンテナンスを簡単に済ませる一つの方法はパールトーン加工をしておく事です

表地だけでなく裏地・付属品にもパールトーン加工をしてあることが前提。
着物や帯のシーズン終わりのお手入れとしてご利用頂けます。
「汚れている箇所の部分洗い」+「胴回りの汗抜き」
「衿、袖口、裾の汚れ、胴回りの汗抜き」が主体のお手入れになります。

軽い着用ジワには リーズナブルな「簡易プレス」がおすすめ!

主にシワになりやすい箇所となる、胴回りや後身頃など(シワになっている箇所のみ)を重点に、専門の職人が1点1点プレス加工を行います。通常の着用ジワ程度であれば、ほぼ問題なくきれいに仕上げることが可能です。
簡易プレス 一律税抜1,500円

きついシワ、全体にシワがあるときは 「本格プレス」

シワの有無に関わらず、お着物全体にプレス加工を行います。
そのため着用ジワを取る作業だけではなく、生地が本来持っている「フワッ」とした風合いも復元することが可能です。「きついシワ、全体的なシワ、変わり結びを行った帯」など、特にきついシワが発生しているお着物の場合には、本格プレスをおすすめいたします。
本格プレスの代金についてはお問い合わせ下さい。

通常の保管には高級保存剤 そうび デラックス


「そうびデラックス」は、ピレスロイド系の防虫剤です。
防虫、防カビ調湿、*防カビ臭 などの4つの害をシャットアウトします。
*防カビ臭:あまり注目されていない機能かも知れませんが、箪笥を開けたらカビ臭いというのは良くあることです。それを防ぎます。
ピレスロイド系の防虫剤は防虫剤特有の匂いがない無臭の防虫剤です。
無臭の保存剤ですから、衣服にいやなにおいがつきません。
一般的に防虫剤は違う種類を同時に使うのは厳禁ですが、『そうび』は違う種類の防虫剤と同時に使用できる防虫剤です。
高級着物・帯地などの金糸銀糸を変色・変質させません。
・天然系の防カビ剤により、衣服をカビから守ります。
保存中に、汗のにおいを取り去り、着用時さわやかな感触が得られます。
引き出し(約50リットル)に1枚、衣装ケース(約50リットル)に1枚がご使用の目安です。
・着物、帯をポリやビニール袋などに入れて保管しないで下さい。

成分: エンペントリン(防虫剤)/チモール(防カビ剤)/ゼオライト(調湿剤)
そうびデラックス 10枚入り
(有効期限6ヶ月)

通常の保管には多目的 顆粒 備長炭快適シート
大切なお着物を、湿気・シミ・カビ・変色から守ります。
かんたん!タンスの引き出し各段の底に備長炭シートを1枚敷くだけ。
たとう紙に包んだ着物を、本品の上に置いてご使用ください。
3か月に一度位のペースで、本品を天日干ししていただくことによって、繰り返し効果が持続し、半永久的にお使いいただけるので経済的です。

しばらく着る予定のない着物の保管には きものキーパー


湿気の多い日本では、たんすにしまっておくだけでカビが発生します。
しかも、現在では住宅の密閉性が高くなったため、たんすの中にはガスが溜まりやすく、蓄積された酸化窒素ガスや亜硫酸ガスが生地に吸収され、染色色素を分解し、きものの変色の原因となります。

防虫剤不要。虫干し不要。カビ、水害の心配もありません。5年間手間いらずの着物保管袋です。
●寸法 :横:970㎜×縦:430㎜
●厚さ  :0.135㎜

◆着用した着物はパールトーンのアフターやクリーニング等でキレイにしてから、畳紙(文庫紙)に入れて 収納、保管して下さい。
◆汚れや汗の付いたままの収納は絶対にしないで下さい。
◆防虫剤・におい袋等は入れないで下さい。
◆保管期限は5年を目安に新しい物と交換して下さい。
◆長時間直射日光下での保管はしないで下さい。
 紫外線カット加工はしていますが色やけする可能性があります。
◆密封されていない状態ですと効果が薄れます。


【きものキーパー】に似た商品で「除湿シート」を同梱させるタイプの商品も市販されていますが、当店では引き続き【きものキーパー】をお薦めしています。


(有効期限5年)