趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳


訪問着

訪問着は仮絵羽にした形で、衣桁にかかっていることが多く、広げた時、
一枚のキャンバスのように大きく柄が構成されています。
本格的な訪問着は、すべての柄が続くように作られています。
上前から下前まで柄が続いていて、衿、胸、袖の裁ち目の部分も柄がきれいにつながる様にできており、
衽にも柄が入っています。
(縫い目に関係なく構図がとられる場合がほとんどです。)
八掛は表地と同生地の共八掛で表地の柄に関連した柄が描かれているものが殆どです。

加賀友禅 訪問着


着用シーンにより柄付けは大分違ってきます。
○広い会場での披露宴や、華やかなパーティーなどでは、大人の振袖とも言われる豪華な柄付けの本格派の訪問着が好まれます

○学校や神社関係等での家庭内の祝いごとには付下げ訪問着や付下げなど訪問着より控えめな柄付けが好まれます。

訪問着の紋
30年くらい前までは、訪問着には三ツ紋か一ツ紋を入れるお客様が多くいらっしゃいました。
しかし加賀友禅の本格的な柄付けの訪問着は、背縫いの紋の位置や外袖の紋の位置やごく近くにも柄が描かれていることが多いので、無理に紋を入れると煩雑な印象になり、柄とのバランスもよくないので最近では入れないお客様のほうが多くなりました。
最近では加賀友禅に限らず、本格的な柄付けの訪問着に紋をお入れになるお客様は減っています。

八千代の着物記・礼装・茶席着へ→

付下げ

附下げの定義の一説に、
「小紋の技術が発展し、仕立てた時に柄が全て上向きになるようにした着尺が作られるようになり、
太平洋戦争中に華やかな柄付けの絵羽模様の訪問着が禁制品となり、その代用品として定着し、
戦後略礼装として一般的に着られるようになった。」
という説があります。

以前は、大は小を兼ねるとばかりに、「格が高いほうの着物を選んでおけば間違いない」と訪問着一辺倒の時代もありましたが。近頃では儀式の簡略化も進み、訪問着では大仰に成りすぎるのでは?と思えるシーンも増えています。
例えばお子様の宮参り・七五三・入園入学、友人の結婚式の2次会、お茶会・ちょっとしたお食事やお集まり等現代のライフスタイルに沿った場には附下げや附下げ訪問着をお薦めします。
また訪問着よりあっさりした附下げはお茶席に向き、格の高い正式な茶会以外の一般的な茶会で多く着用されます。

加賀友禅 附下げ訪問着



お手軽な訪問着変わりとしてお買い上げいただくのが「附下げ訪問着」です。
訪問着に比べ軽い格となりますが、
お宮参り・七五三・入卒、お茶会などでは訪問着より控えめな柄付けが好まれ
お買い上げも多いです。紋を入れると格が上がります。

お茶席用 加賀友禅 附下げ


当店では、本来の附下げをご自身もお茶をなさる女流作家さん達に、
「茶席で自分が着たい着物」ということで、リーズナブルな価格設定で作っていただいています。