趣味のきもの 竹うち:加賀友禅・牛首紬・印傳


訪問着

訪問着は仮絵羽にした形で、衣桁にかかっていることが多く、広げた時、
一枚のキャンバスのように大きく柄が構成されています。
本格的な訪問着は、すべての柄が続くように作られています。
上前から下前まで柄が続いていて、衿、胸、袖の裁ち目の部分も柄がきれいにつながる様にできており、
衽にも柄が入っています。
(縫い目に関係なく構図がとられる場合がほとんどです。)
八掛は表地と同生地の共八掛で表地の柄に関連した柄が描かれているものが殆どです。

加賀友禅 訪問着


着用シーンにより柄付けは大分違ってきます。
○広い会場での披露宴や、華やかなパーティーなどでは、大人の振袖とも言われる豪華な柄付けの本格派の訪問着が好まれます

○学校や神社関係等での家庭内の祝いごとには付下げ訪問着や付下げなど訪問着より控えめな柄付けが好まれます。

訪問着の紋
30年くらい前までは、訪問着には三ツ紋か一ツ紋を入れるお客様が多くいらっしゃいました。
しかし加賀友禅の本格的な柄付けの訪問着は、背縫いの紋の位置や外袖の紋の位置やごく近くにも柄が描かれていることが多いので、無理に紋を入れると煩雑な印象になり、柄とのバランスもよくないので最近では入れないお客様のほうが多くなりました。
最近では加賀友禅に限らず、本格的な柄付けの訪問着に紋をお入れになるお客様は減っています。

八千代の着物記・礼装・茶席着へ→

夏の 訪問着


楊柳地の単衣用訪問着や絽の薄物もあります。